南極地平線から

南極地平線から

  • ダウンロード商品
    default
    ¥ 500

"凍える世界で彼等は幻を探している" 紅い空、流氷が大海原を埋め尽くしていた、 流れていた、 私たちは大きな黒い船に乗って その海を航海していた。観測隊。 船は霧に包まれて、少女はあまりの寒さに 凍えて、少し背の高い少年に寄りかかった。 「こんなに寒いのなら、こんなに苦しいのなら……」 少年は何も言わず少女の体は寄りかかったまま 支えていた。少年は険しい表情で霧深い その視界を見つめる。 少年はやがて倒れそうになる少女を包むように抱いて 瞼を閉じた。 紅色の空、そしてその紅色に染まった大海原には、 いくつもの数えきることが出来ない流氷が漂っていた。 溶けかけた氷山が今日もあちこちで崩れる。 -- 南極の地を舞台に、凍てつく空気が漂う 多重コーラス×ピアノ×アンビエント風のアルバムを作りました。 幻想的に、音を大切に、新しい世界を表現しております。 まだ、見たことのない風景、感じたことのない世界を 是非、触れてみませんか。 -- [曲目] 01.黒い船 02.mist 03.一心同体 04.少女 - side A - 05.少年 - side B - 06.幻 [スタッフ] 音楽  真島こころ 絵  章 サイトデザイン  Azell 動画  cimotsuki [収録時間] 約27分 [特設サイト] http://flower-prayer.com/cd/mist/

南極地平線から
真島こころ,章,Azell,cimotsuki
ロード中...
再生できません
1黒い船 - 真島こころ
2mist - 真島こころ
3一心同体 - 真島こころ
4少女 - side A - - 真島こころ
5少年 - side B - - 真島こころ
6 - 真島こころ
"凍える世界で彼等は幻を探している" 紅い空、流氷が大海原を埋め尽くしていた、 流れていた、 私たちは大きな黒い船に乗って その海を航海していた。観測隊。 船は霧に包まれて、少女はあまりの寒さに 凍えて、少し背の高い少年に寄りかかった。 「こんなに寒いのなら、こんなに苦しいのなら……」 少年は何も言わず少女の体は寄りかかったまま 支えていた。少年は険しい表情で霧深い その視界を見つめる。 少年はやがて倒れそうになる少女を包むように抱いて 瞼を閉じた。 紅色の空、そしてその紅色に染まった大海原には、 いくつもの数えきることが出来ない流氷が漂っていた。 溶けかけた氷山が今日もあちこちで崩れる。 -- 南極の地を舞台に、凍てつく空気が漂う 多重コーラス×ピアノ×アンビエント風のアルバムを作りました。 幻想的に、音を大切に、新しい世界を表現しております。 まだ、見たことのない風景、感じたことのない世界を 是非、触れてみませんか。 -- [曲目] 01.黒い船 02.mist 03.一心同体 04.少女 - side A - 05.少年 - side B - 06.幻 [スタッフ] 音楽  真島こころ 絵  章 サイトデザイン  Azell 動画  cimotsuki [収録時間] 約27分 [特設サイト] http://flower-prayer.com/cd/mist/