ナナカマドを唄いながら

ナナカマドを唄いながら

  • ダウンロード商品
    default
    ¥ 500

「“思い出せば遠く、忘れたいほど近く…――――”」 ナナカマドに少しだけ雪が積もり始め 時々、雪は溶けた。 枯葉が舞った。ぶるっと震えるその風は、冬を告げた。 秋が終わり、空気は凛と張り詰めて かすかに膨張した淡い空気が世界を包んだ。 思い出せば遠く、忘れたいほど近く記憶は 巡るたびにかえってくるようで そんな思いも空っ風に吹かれて 一緒に季節はまた新たな景色へと塗り変わっていく。 通り過ぎゆく秋の情景とともに、 冬の淡い空まで辿りつけるように、言葉を拾うように 唄うように奏でました。 隙間風がそっと心に染みわたる、"秋の記憶"を そっと呼びさましながら。 -- 秋と冬をつなぐ。ピアノ曲集が出来上がりました。 ピアノ曲集「ナナカマドを唄いながら」 価格 : ¥500 収録時間 : 約27分 【曲目】 01.ナナカマドを唄いながら 02.秋の夢にひらり少女は踊った 03.落ち葉のしまう箱 04.鍵を開けてゆきましょう 05.風は吹いた、凍てつく路へ 06.始まる 【スタッフ】 音楽 : 真島こころ(君の音。) http://flower-prayer.com/ 絵・ロゴ : 斉藤夏希(page one) http://natsuki720.tumblr.com/

ナナカマドを唄いながら
真島こころ,斉藤夏希
ロード中...
再生できません
1ナナカマドを唄いながら - 真島こころ
2秋の夢にひらり少女は踊った - 真島こころ
3落ち葉のしまう箱 - 真島こころ
4鍵を開けてゆきましょう - 真島こころ
5風は吹いた、凍てつく路へ - 真島こころ
6始まる - 真島こころ
「“思い出せば遠く、忘れたいほど近く…――――”」 ナナカマドに少しだけ雪が積もり始め 時々、雪は溶けた。 枯葉が舞った。ぶるっと震えるその風は、冬を告げた。 秋が終わり、空気は凛と張り詰めて かすかに膨張した淡い空気が世界を包んだ。 思い出せば遠く、忘れたいほど近く記憶は 巡るたびにかえってくるようで そんな思いも空っ風に吹かれて 一緒に季節はまた新たな景色へと塗り変わっていく。 通り過ぎゆく秋の情景とともに、 冬の淡い空まで辿りつけるように、言葉を拾うように 唄うように奏でました。 隙間風がそっと心に染みわたる、"秋の記憶"を そっと呼びさましながら。 -- 秋と冬をつなぐ。ピアノ曲集が出来上がりました。 ピアノ曲集「ナナカマドを唄いながら」 価格 : ¥500 収録時間 : 約27分 【曲目】 01.ナナカマドを唄いながら 02.秋の夢にひらり少女は踊った 03.落ち葉のしまう箱 04.鍵を開けてゆきましょう 05.風は吹いた、凍てつく路へ 06.始まる 【スタッフ】 音楽 : 真島こころ(君の音。) http://flower-prayer.com/ 絵・ロゴ : 斉藤夏希(page one) http://natsuki720.tumblr.com/